福沢諭吉

勉強の意義

私は、昔からなぜ勉強しなければならないかについて考えることは重要だと思っていた。そして、私は父親からの影響から、いい大学に行けば、将来の職業の選択肢が広がるからと考えて来た。勉強は将来稼ぐため、自分のためと。 私を壊した私立高校も大学によっ…

今さらながら『学問のすゝめ』を読んで

先見性の凄さ まず初めの感想としては…福沢諭吉すげぇ、そりゃ壱万円札になるわぁ(笑) 何がすごいと思ったのか、それはこの前17編の文章が明治5年(1872年)〜明治9年(1876年)の間に書かれたということです。なんせこの本に書かれていることの本質は、現…