鈴木大介

私の脳は壊れているのだろうか

脳が壊れた 新潮社 鈴木大介 発達障害の妻を持ち、社会からこぼれ落ちた人を取材するルポライターである著者。著者が41歳の時に脳梗塞で倒れ、後遺症として高次機能障害になってしまった。それは、後天的発達障害と言ってもいい状況であり、 妻や今まで取…