政治を少し変えるには…

政治を変えるにはまずやっぱり国民の役割、政治の監視をしなければなりません。

そして、やっぱりニュースや新聞などのメディア(媒体)を通すと誰かの見方、さらには切り取り方がやっぱり入ってきてしまいます。

学問研究などでもやっぱり、原典・原文にあたることは基本ですよね。

ではみなさん国会中継を観ましょう!!

インターネットでも、テレビでNHKでもを観ましょう。

国会中継の視聴率をバンバンあげましょう。国民はちゃんと政治を監視しているぞ!

それを国会の政治家に伝えましょう。そして、視聴率が取れれば、国民が国会中継を見るのば普通の状況になれば、スポンサーがついて、民法の夜のゴールデンタイムに国会中継の録画を流すようになったりなんかしちゃって…そんなこと絶対にないですね(笑)

でも、そのくらいのつもりで政治に興味ありまっせ〜ってやってかないといけないと思います。特に若い人が。どうせ年寄りの有権者の数と、若者の有権者の数がちがうんだから投票しても若者向けの政策をする人に票をいれても通らないじゃないかとなってはおしまいです。

18歳選挙が行われるときに給付型の奨学金の設置をマニュフェストに掲げた政党がありました。私はそれだけでも、選挙権の年齢を引き下げた意味があったなぁなんて思いました。だって、若者に、これから大学にいく高校三年生たちが投票権を得たってだけで、政党は票取りのために若者向けの政策もうちだしたのです。

でも、これに対して若者の投票率が低くては意味をなしません。

若者層が政治に興味があることさえ示せば、少しは若者を意識した政策がでるかも知りません。

さらには、国民が政治に関心がありまっせ〜と示せば、真に国民によりそった政策じゃないと政権はうちだせないな…となるかも知れません。

どの政党もなぁ… どうせ投票してもなぁ… 何か変わるのかなぁ…

そう思って、ニヒリズムに浸って、何もしなければ何も変わりません。

セカイがつまらないのではありません。セカイに対して、積極的に、主体的に関わらなければ、セカイはつまらなくなるのです。

何かから私も始めたいと思います。

広告を非表示にする