2017/9/25

今日は、大学の夏休み明け初日。

家を出て見上げた空の雲はどう考えても夏っぽく、暑さも全然秋らしさはなかった。

しかし、行きしの道でふと甘い香りがしたので気がついたが、金木犀がオレンジ色の小さな花を咲かせていた。私は金木犀が甘い匂いを漂わせながら咲いているのを見ると、桜で春を、紫陽花で梅雨を感じるように、秋を感じる。小さい秋み〜つけた。

久々にいった自分の大学の雰囲気がなんだか、「あれ?私の通う大学の雰囲気ってこんなんだっけ」という感じだった。それはともかく、やっぱり学校というものが苦手らしい。

帰りは、お世話になった社員さんが辞めるということで、かつてのバイト先によっていった。なぜだか小一時間ほどしゃべってしまった。もう辞めて一年近いのによくわからない。とっても貴重なバイト先だったんだなと改めて実感。

そして、家に帰ってからは、だらだらテレビを見ながらごはんを胃に詰め込み、すぐに学校へ久々に行った?いや、久々に外に出た疲労で布団で横になる。

少しして起きてから買ってきた漫画を読んだ「不滅のあなたへ」4巻。なんだかひどく悲しい気分になった。作者は、最近映画にもなった「聲の形」の作者らしい。

 

 

 

漫画は最近になって読むようになった。周りのみんなはなんで中高時代から漫画をたくさん買って読んでいるのだろう。私には好きな漫画を好きなだけ買う財力は中高時代にはなかった気がするのだが…。かといって私は何にお金を使っていたかは覚えていない。ろくでもない使い方をしてきたのだろう。