犯罪者が出るとなぜ撮った映画やドラマを世の中に出してはいけないのだろうか

犯罪者が出るとなぜ撮った映画やドラマを世の中に出してはいけないのだろうか。

当然のごとくイメージが悪いからだろう。犯罪者を出した映画にスポンサーがお金を出すとまずいからだろう。

でもどうなんだろう。演劇、ドラマを見るときに役と役者は切り離して見ているのではないだろうか。たとえば、逆に演劇の中で殺人を犯す役の役者が実際に殺人鬼であると考える人がいくらいるのだろうか。その役者の実生活とその役を一緒に見るだろうか。

もちろん、役者に役のイメージが残ってしまうことがある。逆に役者の実生活が役に重ねて見てしまうこともあるのだろうか。でも、犯罪を犯す前に取られたそれは、犯罪と関係なくきちんと仕事をしているのだ。そんなもので損害をいくらも出す方がおかしい気がする。もちろん犯罪を犯すのが悪いのだが…