ポリテックについて考える【勝手に用語解説】たぶん間違ってる… 政治と技術

ポリテックとは、政治✕技術 Politics(ポリティクス)✕ Technology(テクノロジー)を意味する小泉進次郎が提唱する新しい概念である。

政治の世界で、テクノロジーの観点は、ますます重要度をましている。

 テクノロジーの社会的インパクト、政治的インパクト、国際関係で無視できないものになってきているそうだ。

政治家が、テクノロジーインパクトを理解していなければならなければなってきている。

ポリテックという言葉を作れば「テクノロジーによって何ができるか」「テクノロジーでどう変わるのか」という観点を政治と行政に入れ込んでいくことができるようになってくる。そういった視点を入れるためにポリテックという単語をフィンテック(金融✕テクノロジー)のように作ることが重要だ。

「テクノロジーによって何ができるか」が法律や規制を変える際に、テクノロジーによるセカンドオピニオン的なことができて、政治の意思決定過程に多様性をもたせることができる。

 

具体例)コストのかかる地方ではネット投票にするなど…

 

(さらには、議論の場でのタブレット端末や、スマホを出すのがはばかられる状況も変えていかなければならない。)

 

地方で、スマートフォン(技術)で制作決定や納税(政治的意思決定)ができることで地方の政治参加の格差が減る。

技術ですでにできるのに、政治的に制度が整っていないということがある。

それは大変にもったいないことが数多くある。

政治で何かをしようというときに、じゃあテクノロジーで何ができるのかということが議論しやすくしなければならない。その時の技術は、ハードだけではなく、もちろんソフトウェアの面でもしていかなければならない。

技術的にできるのにに遅れて導入しているのではなく、技術と政治が一緒に走って法制度を作っていかなければならない世界になってきている。

政策の決定の際にテクノロジーによる議論が入ることがものすごく大切になっていく。

ポリテックという単語を広めていこう。

テクノロジーの進化を政治が足を引っ張るのではなく、テクノロジーが政治を引っ張っていくような社会になればいいのではないだろうか。

なにか問題があるときに、じゃあテクノロジーで何ができるんだろうと考えていくマインドセットにならなければいけない。(それは教育でやっていかなければならない。)

 

↓落合陽一さん、夏野さん、小泉進次郎さんのニコニコでの鼎談

youtu.be

 

youtu.be